英語が話せるまでの道のり:環境づくり

英語の勉強方法

ryugaku

前回、英語学校でもシティカレッジでも日本人同士でいつも一緒にいるため時間が経っても英語が上達しないと書きました。

そう、何処にいても努力して英語を話す環境を作らないとダメなんです。言語は使わなければ忘れていってしまいます。さらに練習しなければ上達しません。とにかく英語を使う環境を自分で作っていくしか無いんです。

ryugaku

画像www3.chubu.ac.jpから

日本にいても最近はインターネットで英会話の練習はできるけど、アメリカにいれば環境づくりはしやすいと言えばしやすいですね。日本人が固まってる所にさえいなければその他の人とは英語で話すしかないわけですから。ちょっとした努力で自分が英語を話す環境を作る事が出来ます。

また、ちょっと上達すると英語で話すのがどんどん楽しくなり、英語で話す事を避けなくなる。そしてさらに英語が上達する。。。と一度軌道に乗れば良い方向に向かいます。

もちろん、基本を自分で勉強するのは大事です。単語、文法はしっかり身につけておきたいですね。ある程度の語彙があればあとは会話に出て来る単語を覚えていきながら語彙を増やす事は出来ますが。

まず、自分の英語のレベルがどれほどなのか試してみるのも良いかもしれません。私は英会話という点ではTOEICの点数はほぼ当てにならないと思ってます。なので自分の英語力を試すときは英語で誰かと話してみましょう。

Until next time…